夏野菜Pの収穫祭 ダンスミキサーのモーションを作ってみる!

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ダンスミキサーのモーションを作ってみる!

 2010-11-29
ようやくモーション完成まで行きつけたので、
途中経過を覚え書き。

一応、モーションを自力で作る最低ラインまではいきつけたかなと思ってます。

なお、こちらの記事はポーズデータが作成出来るようになっている事が前提になっていますので、
まだの方は過去ログも併せて御参照下さいなっ。

という事で以下格納↓
まずはモーション作成用に画面設定。
もちろん、やり易いように設定して頂いて大丈夫ですよ
01アニメートモード
02アニメーションエディター
まず、画像内紹介箇所の様に、「Animate」モードへ変更します。
「Animation Editor」のウィンドウを開いておくと便利です。

フレーム数は枠で囲ってある2ヶ所とも同じ数字を入力しておいて下さい。
240f(フレーム)で8拍モーション作成を行っていますので、
作りたい拍数*30fで作成されると良いかもしれません。

ただ、公式モーションのサンプルだと、19fで2拍のモーションを作成されています。
f数が少ない方がデータも軽くなるのではないかと思うので、
突き詰めていきたい項目ではあります。
詳しい方居たら教えて下さいなっ。


拍の取り方ですが、0フレームを1カウント目ではなく、30fを1カウント目として設定した方が
個人的には上手くいきます。
03拍の取り方

さて、それではモーションの作成に進みましょう。
基本操作はポーズ作成が出来る事が前提になりますので、
ポーズ作成に自信が無い方は過去ログをご参照下さい。
04キーフレーム設定
基本的には、
1、ポーズを取らせたい場所を決めて(タイムライン上で右クリック)
2、ポーズ作成のためにパーツを選んで(ボーン選択)
3、回転(r)や移動(t)を調整して動かして(画面右側「Transform」)
4、キーフレーム登録(タイムライン上で「K」もしくは、鍵マークのボタンをクリック)
上記の繰り返しです。


05キーフレーム設定2
こちらが、0fと30fにCOG(腰の位置)のキーフレームを入れた所。
「Animation Editor」の横線が0f→30fにかけて下がっている事を確認して下さい。
キーフレームの登録忘れ防止にも「Animation Editor」は便利でした。

06複数フレームでキーを設定
続いて覚えておくと便利なフレームのコピーの方法です。
右下の「animation」を右クリックして「複数フレームでキーを設定」を選択。
この後にコピーしたいフレーム数を入力すると複製出来ます。
今回は60f目に0フレームをコピーしました。

ちなみにフレームの削除は「Shift」+「K」です。


07再生してみる
それでは、実際にモーションを再生してみましょう。

0fから30fに掛けて下がって、30fから60fに掛けて腰が上下するモーションが出来ると思います。




ここから順番にモーション作成。
今回は2拍のモーションを作ってみます。
08腰の位置
まずは腰の位置から。
ポーズデータの時のセオリーと同じ様に、下半身から作成していきます。
腰のモーションだけ完成させて、続いて足のモーションを完成という流れの方が調整やり易いかな?
仮組と調整の繰り返しが続きます。

09足の位置
続いて足の位置

10足の向き
足の向き

11腰の向き
ここで一度屈ませるための腰の調整とかしてみます。
足腰の順番はお好みで~

12腰の向き追加
腰はCOGだけだと不自然なので、何カ所か追加で曲げておきます。

13右腕
14左腕
破綻しないように気をつけながら右腕と左腕を調整して大枠完成。

15モーション確認01
16モーション確認02
17モーション確認03
仮組完成といったところでしょうか、
今回のモーションは、立ちポーズから→ぐっとしゃがみで溜めて→決めポーズ
という感じ。


ここからは、大枠の微調整に入ります。
まずは指のモーション
ぶっちゃけ、心折れかける箇所です。
なんせ、片手だけでも5本の指*3つの関節=15個のアニメーションを作成する必要があります。
最初は、指の動きの少ないモーションから作るのがお勧め。
18指モーション
19指モーション2

続いて、首の向きや肩の方向を変える為に腰の向きを調整したりしています。
20微調整後
最終的に、上からのカメラアングル様に上向きのポーズが欲しいなと思ったのでこんな感じに。

こちらのポーズは『Dance X Mixer Festival』のイベントの際に、
星連さんが作成してくれたポスターの構図が元ネタになったりならなかったり。

さて、さそれではいよいよ書き出しです。
21書き出し設定
ポーズデータが作成できる方はここはもう大丈夫だと思います。

22書き出し設定2
こちらの設定がネックでしょうか
今回は「フレームオフセット」を最初にセットしたフレーム数と同じにしています。
バーでやると100までしか出来ませんが、それ以上の数値も直接数値を入力する事で調整出来ます。

他の作者さんによっては違う数値でも作成できるようなので、
ここも改善の余地ありかもです。


26サムネイル
ユーザーエディタでANMファイルを作成して、
別途サムネイルを作成。

23ユーザーエディター設定
後は、ポーズデータと同じ様に、モーション登録をして完成です。
ここの数値ですが、
長さ=拍数となります。
60=1拍 になるので、2拍用に120で設定。

スピードは1.000で標準。
0.5であれば、速度1/2 に、2であれば2倍のモーションになります。
ちなみにサムネイルに表示されるモーションの速度も変更されます。

27モーション完成
Pac化を行って完成です!お疲れ様でした!!


以下、途中で僕が詰まってしまったヶ所の覚え書き

Q、モーション作成の際にキーフレームが登録出来ない
A、ボーンとトランスフォームのどちらかが選択されていないかもしれません。
  動かしたいボーンと、画面右側のTransformから動かしたいものを選択したら解決。

  もしくは、鍵のボタンを何度かクリックしてキーフレームを消してしまっているかもしれません。
  「Animation Editor」の波線や、
  タイムライン下のコメント欄(?)にSave Keyが出ているかで確認してみて下さい。

Q、足のIKのキーフレーム登録が出来ない
A,なぜか赤いマーカーが表示されないようです。
  プレビューで見てみるとちゃんと登録されてる事があります。

Q、完成したダンスモーションをダンスミキサーのタイムラインに乗せると
  拍数の中にダンスが入りきっていない、もしくは後半に余りがある。
A、まずは、モーション登録のサムネイル表示を確認。
  サムネイルのプレビュー自体が足りていない場合は、
  ModTool上の書き出し項目「アニメーションオフセット」の数値を確認。

  サムネイル上は正常に表示されるのに、ダンスが途中で止まってしまう時は、
  ユーザーエディタ、モーション登録時のは長さと早さのバランスが間違っている時があります。
  長さを長くするか、早さを上げる事で調整できるかと思います。


以上で、ひとまずのモーション作成記事は完了です。
まだまだ便利な機能が沢山あるようなので、まとまり次第公開したいと思います。
左右反転モーションの作成とかまだ未開拓ですしねっ

ここまで読んで下さった方に、今までブログでちょこっと公開していたモーションを先行配布
配布期間は11/29~7日間です。
http://firestorage.jp/download/400a0de53da9324fcd69a7d10b1c6621d2edc936
12/9追記:期限終了の為自動的に削除されてます。再配布はもうちょっとお待ち下さいなっ。


一応、微調整してから共有アップローダーにも上げさせて頂く予定です。

内容は、
「GoMyWay」のピースポーズ(ポーズデータ作成の記事にて使用)
「バク宙」のモーションデータ(サムネイル作成記事にて使用)
「ジャンプモーション」のデータ(未公開)
の3つ。
Eカテゴリのダンスとして追加されます。
左右反転は用意してないので悪しからず・・・

使い勝手はわかりませんが、楽しんでもらえると嬉しいですねっ。
特にバク宙はイベントと組み合わせたり、逆再生使ったりで個人的にも楽しんでます。
もちろん作品に使って頂くのは大歓迎ですよ!

ではではっ
よいダンミキライフを~
(*・ω・)ノ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://natuyasai1116.blog38.fc2.com/tb.php/201-5791064e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。